y id="top">

This Archive : 2010年06月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2010.06.29 *Tue

現在、コーヒーが必要

私は仕事で、データ入力や書類チェックなどをしています。

これは毎晩サッカーを見てる身には、きつい・・・。

単調な業務は心地よい眠りへといざなうので、
いつの間にか落ちてしまい仕事になりません。

この間の日本Xデンマーク戦終了後は週末でもあり、つらかったです。

そんなわけで、毎日コーヒーが欠かせません。

先日とあるお店を発見しました。

その名も「珈琲問屋」。


CIMG4647_convert_20100629122246.jpg 


残念ながら店内の写真は撮れませんでしたが、
コーヒー関連のグッズはもちろん、
豆をひいてもらう間にその場でコーヒーも飲めます。

その中でお菓子を見つけました。

まず、「コーヒー黒豆」。

CIMG4655_convert_20100629122425.jpg 

黒豆をコーヒーでコーティングしています。

かなり、おいしい!

そして、雷ならぬ「珈琲おこし」。


CIMG4656_convert_20100629122539.jpg 

ビターな味と噛み応えのあるおこしの組み合わせ。

これもおいしいです。

黒豆の方は、はまりそうなほど食べてしまい、
おこしの方は、後をひくおいしさです。

コーヒー問屋さんの公式サイトがありましたので、
一応そちらを載せておきます ↓

http://www.tonya.co.jp/shop/c/c0/



さ~、これで明日の仕事もOk!

コーヒーに加えてこのお菓子さえあれば、
やっていけそうです。



頑張れ、ニッポン !

もう一つ、行ってくれ!!


ボール 


(イングランド敗退、非常に残念です・・・)

ブログランキングに参加しています。

スポンサーサイト
COMMENT : 6  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.26 *Sat

からだをメンテナンス~体の中の詰まりをとる

梅雨は湿が多いために、
体内に水分が溜まりやすい時期です。

(前回の内容は、こちらこちらから)

それが体に悪さをする前に、体内から排出しましょう。

痰を外に出して固まりをほぐすことを、
中医学では「化痰軟硬(かたんなんけん)」と云います。

この効用を持つ食物は、玉葱や筍などがあります。

他には、辛子菜や空心菜・へちまなどの青物類。

マッシュルームやウーロン茶もOKです。

ターメリックやコリアンダーなど、
カレーに使われるスパイスもこの力を持っています。
だからカレーを食べると、さっぱりとした気持ちになるのでしょうか。



この時期に美味しいタコにカレー粉で味付けして、
空心菜と一緒に炒めてみました。


IMG_5756_convert_20100626174030.jpg 



作り方は簡単です。
 
300g(1パック)の刺身用のタコを、一口大に切ります。

タコに大さじ1のカレー粉と、小さじ1のヨーグルトをまぶします。

にんにく1片をみじん切りにします。

空心菜1/2袋を葉と茎に分け、それぞれ一口大に切ります。

フライパンに油をひき、にんにくを炒めます。

香りが出てきたら空心菜の茎から入れて、
炒めたところに葉も入れてパラパラっと塩を振り混ぜます。

タコをそのまま入れて、
タコのカレー粉が空心菜につくように混ぜ合わせます。

タコはすでに火が通ってるので、
炒めるというより混ぜ合わせるというくらいの時間で大丈夫です。




もう一つ紹介したい食材があります。

それは茄子。

茄子は湿邪と熱邪を体内から除去してくれるんです。

茄子と開いたアナゴを煮てみました。
上に葱を乗せています。

 


IMG_5794_convert_20100626174432.jpg 


だし汁や醤油は薄めにして、しょうが汁を1片分入れています。

茄子は油を吸いやすい食材です。

コクが出て美味しいのですが、湿の溜まった体に油はよくありません。

湿を溶かすどころか、ますます固めてしまいます。

浮腫みやどろどろ血が心配な今の時期、
少し油抜きをしてみるのもいいかもしれません。





 


CIMG4394_convert_20100626175353.jpg

ブログランキングに参加しています。

COMMENT : 10  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.25 *Fri

ネコに萌える

私はアキバ系ではありませんが、
「萌え」という言葉の意味は心底理解できます。

その対象は、ネコ。

例えばるみの場合・・・


CIMG4550_convert_20100623150510.jpg 

CIMG4549_convert_20100623150413.jpg 

眠っているときに顔を覆う、
このまん丸い手(足?)です。

両手でクロスしてる時は更に「萌え」ます。


IMG_5686_convert_20100623150833.jpg 


鼻の横にある茶色い模様も、私にとってはストライクゾーン。



CIMG4585_convert_20100623150629.jpg 


ラガーの場合は、寝てるときに少し出る八重歯。
かわいいなぁ。


CIMG4592_convert_20100623150727.jpg 

毛が多すぎて、肉球の間からもはみ出てます。

これは私にとってNG。

暑いだろうからカットしてあげたいんですが、
なにぶん短くてできません。


IMG_5703_convert_20100623150933.jpg 


るみは毛ははみ出してません。
が、手(足?)が大きい。

肉球よりは、小さい鼻の周りが好きかも。



CIMG4514_convert_20100623152912.jpg 

ラガーの寄り目も大好きです。
もちろん、白いソックスも。



こうやって一つ一つあげていると、
まだまだ「萌える」箇所や動作があることにビックリ。

ネコって得だなぁ。



ブログランキングに参加しています。

CATEGORY :
THEME : 猫のいる生活 / GENRE : ペット
DATE : 2010/06/25 (金) 15:02:48
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.23 *Wed

新宿「菊うら」へ行きました

新宿にある、「菊うら」という和食屋へ行きました。

こちらこそ恐るべし、本当に予約の取れないお店です。

昨日は梅雨の合間の火曜日だというのに、
私たちが入るとお店は満席状態でした。

 

CIMG4594_convert_20100623111218.jpg 

↑ お通しの温泉卵にいくら・オクラ・長芋の合わせです。

写真がヘタで、すみません。

大体ブログに食べ物屋さんのことを書けません。

いつも何が出てくるかに気をとられて、
写真を撮るのを忘れてしまうんです。

この時も慌てて撮りました。



CIMG4595_convert_20100623111328.jpg 

前菜5種。



何で「菊うら」さんを知ったのか。

もう忘れてしまいましたが素晴しく美味しい料理屋さんです。


CIMG4597_convert_20100623111429.jpg 

↑ はもと冬瓜のお吸い物。

今日一番の絶品でした。
はもの脂がのりにのっていて、こんなの食べたことありません。


CIMG4599_convert_20100623111542.jpg 

お刺身・・・ぼたん海老・本鮪・鯵・アオリイカ・まこがれい。
プリプリ・ツヤツヤ感をわかってもらえるといいんですが・・・。




こういう美味しいお店へ来ると、話がはずみません。
 
会話がはずみかけると、食べ物が来て、
「う~ん!!!」
(これはあまりの美味しさに、言葉が出ないんです。)

そして、
「美味しいね」「なんでこんなに美味しいんだろうね」
と言った具合。

この会話が延々と繰り返されます。


CIMG4602_convert_20100623111707.jpg

 ↑ 焼いたかます(左奥)とサラダ。
バーニャカウダをかけてます。




このお店のディナーコースは5,250円ですが、
ビール1杯とお酒2合にサービス料などを合わせると、一人1万円くらいに。

お酒を飲むとお値段がちょっと高くなりますが、
やはり美味しいものには美味しいお酒が。



CIMG4605_convert_20100623111811.jpg 

↑ またもや絶品。
とうもろこしの茶碗蒸し。
中に、あなごや海老、帆立が入ってました。



周りの席には、常連さんのようなおじ様やおば様達が。

悠々とお食事されていて、
私のように「うー」だの「わー」だの言う方はいません。

裕福なグルマンなのでしょうか。

会話もはずんでるようです。。。


CIMG4608_convert_20100623111919.jpg 


焼いてほぐしたきんめだいの入ったご飯と、鮭の味噌汁に漬物。

実は、もうお腹いっぱい。

でも決して決して、残すことはありません。



CIMG4610_convert_20100623112022.jpg CIMG4611_convert_20100623112119.jpg


デザートは、ずんだ餅と杏仁豆腐のどちらか選べます。
もちろん自家製。





いろいろと美味しいお店、素晴しい料理人さんがいます。

私は各国料理の中でも、
日本料理が一番お値打ちがあると思ってるんです。

日本食の技術は水準が高く、
素材の良し悪しも和食ほどわかりやすいものはないでしょう。

それに日本料理には四季があります。

次は秋の松茸の時期に行こうか。
それとも冬はクエ?
一度春の筍は、食べておきたい・・・。

などと考えると、
予約の取れないもどかしさが募ります。

「菊うら」さんの公式サイト↓


http://www.kikuura.com/1f/menu.html


CIMG4593_convert_20100623111105.jpg





ブログランキングに参加しています。

COMMENT : 8  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.19 *Sat

からだをメンテナンス~ストレスは体に溜まる

     IMG_5704_convert_20100618190416.jpg
      ラガー、痰って知ってる?

     IMG_5707_convert_20100618190523.jpg
      人間のおじさんが、ガーペッッってやるヤツでしょ?

     IMG_5704_convert_20100618190416.jpg
       そうだけど、
       中医学には見えない痰もあるのよ。






中医学では、「痰」は体内水分の固まりでどろっとしたものです。
痰は、水分が体の熱によって固まったことで作られます。
場所は喉の奥だけではなく、心臓・肺・胃・胸部・四肢にもできます。
症状は痺れや重だるさ・
つかえた感覚・それに伴う痛みなどがあります。

もう少しさらっとした水分の固まりを「飲(いん)」と呼びます。
飲は、寒さから水分が固まって作られたものを指します。
場所は肺・胃・腸・皮膚・胸脇部などにできます。
症状は張った感じ・張ったための痛みを伴います。

痰も飲も、ストレスから体内にできる場合もあります。
なぜなら、ストレスによって巡るべき気や血が滞り、
そこに水分が溜まっていくからです。

痰には有形のものと無形のものがありますが、
無形の痰で有名な病名は「梅核気(ばいかくき)」。
ストレスから生じます。

症状は喉の奥にエヘン虫のような固まりを感じ、
唾を飲み込んでも固まりは下へ落ちていきません。
いつまでも、喉の奥に残っている気がします。

前に私の友人がこの症状を感じ、
病院でレントゲン検査を受けて異常ナシと言われました。
しかし、中医学では異常アリ、病気と判断します。
これに対する薬も出ます。


IMG_5575_convert_20100618190130.jpg 


西洋医学では、
目で確認できないものを病気と判定するのはむつかしいです。

中医学の良いところは、肩こりでも病気だと認定しているところです。
原因を探って、必要なら薬も出ます。

先ほどの友人ですが、暫く症状は続いてました。
原因は、会社の人間関係。
ずっと悩んでいたようです。

ただレントゲンを撮影しても何も異変が出なかったので、
こちらの症状にも困っていました。
中医学ではきちんとした病気で病名もあることを知ると、
「それがわかっただけでもほっとした」と言ってました。

ストレスの原因を取り除くことはむつかしいですね。
しかし、このような滞りには、
食べ物や香りで少しはすっと気を楽にすることもできます。

胸や喉の奥につかえた感じがある方、
病院でレントゲン検査を受けて何の病名もつかなければ、
中医学の力を借りてみてください。

漢方薬局の検索サイト ↓

「漢方薬のきぐすり.com」
http://www.kigusuri.com/index.htm


「日本中医薬研究会」
http://www.chuiyaku.or.jp/panda/index.html



CIMG4537_convert_20100618190009.jpg 

ブログランキングに参加しています。

COMMENT : 6  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.17 *Thu

女子の心

週末ラガーに言われた一言、
「タルミ(たるみ)ちゃん」。

るみちゃんは非常に傷ついた。

IMG_5706_convert_20100615135839.jpg 

なんとかしなくちゃ・・・。

うんどう?

まずは、屈伸。


                 IMG_5687_convert_20100615135044.jpg 1,2・・・
IMG_5689_convert_20100615135151.jpg 3!





IMG_5692_convert_20100615135414.jpg ネコに屈伸て必要?






次は、懸垂。
                 IMG_5698_convert_20100615135634.jpg 1,2・・・
                           IMG_5697_convert_20100615135526.jpg 3!





ネコに懸垂って必要?IMG_5700_convert_20100615135741.jpg



IMG_5712_convert_20100615140116.jpg 何やってんだ?


IMG_5717_convert_20100615140232.jpg 
ねーねー、何やってんの?   (うるさいのが来た)



IMG_5721_convert_20100615140350.jpg 
ねーねー・・・    うるさ~いっっっ!



IMG_5722_convert_20100615140508.jpg なんだよ、ケチ。







IMG_5725_convert_20100615140618.jpg 

あ~、イライラするっっ








ブログランキングに参加しています。

CATEGORY :
THEME : 猫のいる生活 / GENRE : ペット
DATE : 2010/06/17 (木) 13:46:43
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.15 *Tue

百蔵山と扇山へ行きました

土曜日に、
山梨県の百蔵山と扇山へ行きました。

今回は今まで何度もご一緒させて頂いた、O本さんと3人です。

O本さんは定年退職近くなった今年の1月、
市の健康診断に胃カメラを飲んで、小さい胃癌が発見されました。

手術で胃を2/3ほど取りましたが、経過は到って良好。

山歩きもこれで3度目だそうです。


CIMG4569_convert_20100615125911.jpg 

山野草好きのO本さん、
いかり草が咲いていて嬉しかったようです。

山へ登っても、なかなか花が咲いているときに遭遇できるとは限りません。

同じ時期に行っても、温度や雨量で微妙にずれたりします。

CIMG4575_convert_20100615130026.jpg 

↑ アマドコロ。

↓ 二人静。

CIMG4557_convert_20100615125759.jpg 


なんと黄イチゴがありました。

       CIMG4580_convert_20100615130359.jpg

                     CIMG4578_convert_20100615130129.jpg
熟れていて、美味しかったです。


CIMG4581_convert_20100615130546.jpg 

日当たりが良くなる百蔵山頂上付近では、
サツキが満開でした。

この日は夏日のように暑かったのですが、
ちょっと頂上はガスっていて写真はイマイチ。

CIMG4582_convert_20100615131107.jpg 








O本さんもムリをせず、ゆっくりと登ったせいか疲れもなかったようです。

最後は扇山ふもとにある、君恋温泉旅館でお風呂とビール。

CIMG4584_convert_20100615130652.jpg 

入浴料500円を払うと、
味噌田楽と漬物がついてきます。

味噌はニンニク入りで、疲れが吹っ飛びます。
これは黄色い水分を補給せねば・・・。



山梨県の山は、土がフカフカしていて歩きやすいです。
でも暑かった。

次回は、もうちょっと涼しいところへ行く予定です。


CIMG4577_convert_20100615130241.jpg

ブログランキングに参加しています。

COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.13 *Sun

からだをメンテナンス~梅雨のおさらい

     IMG_3932_convert_20100611221904.jpg
      ♪ 梅雨がく~れば、思い出す~

     CIMG4547_convert_20100611221745.jpg

     しずかなボクー、と

     IMG_5556_convert_20100611222030.jpg
       タ・ルミ(たるみ)ちゃん~ ♪


        ラガーっっ
         その歌、なんにも合ってない 
           CIMG4286_convert_20100611221629.jpg





梅雨の五臓は脾(ひ=消化器系統全般)、
六腑は胃です。

そして梅雨、体に悪さをするのが湿です。

前回も書いたとおり、
気・血は体内を巡っています。
津液が体内に停滞すると、湿や痰を生み出します。
すると気や血も影響を受けて、不調をきたし、
ほうっておくと病気の元となってしまうのです。

去年のブログで、体内に湿を溜めてないか、
10問テストを行なっています。
こちらをクリックして、再チェックしてみてください ↓
(からだのメンテナンス~梅雨時の自分を知る)

湿を体外に出す作用の食物は、
ハトムギやトウモロコシの髭、
インゲン・ソラマメ・緑豆・ナスなどです。

これからの時期は、胃腸に負担が掛かりやすくなります。
通常、胃の悪い人は唇にできものが出ます。
中医学で胃腸が極端に悪い人は、顔色や舌が黄色くなります。
また、まぶたが垂れ下がってくる・口のわきのほうれい線が濃くなるなどの変化も。

暑くてだるいから食べない・ビールと共に暴飲暴食・
辛いものはさっぱりして食べやすいからエスニックばかり食べる、
等の食べ好みもは注意です。

日に3度食べ、お腹にやさしい食事を摂りましょう。
味付けの薄いもの、冷たくないもの、お粥などを取り入れ固形を減らす、
などがオススメです。

(去年書いた脾のはなしはこちらこちらから。)


CIMG4531_convert_20100611221512.jpg 

湿で身体が浮腫むと、その箇所は血液の温めが効かなくなります。
それが太る原因の一つ、とも言われます。

女性は筋肉が少なく脂肪が多いので、浮腫み易いのです。

先ほど湿を取り除く効果の食材を紹介しましたが、
定期的な運動も筋肉がつき汗となって浮腫み予防に。

ラガーにイジワル言われないように、私も簡単な体操から始めます!

ブログランキングに参加しています。

COMMENT : 6  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.11 *Fri

雑誌「作家と猫」

図書館で、つい借りてしまいました。
文藝別冊「作家と猫」(河出書房新社)。
(↑ クリックするとamazon のサイトへ)



総特集作家と猫 (KAWADE夢ムック)


これは2000年の刊行なのですが、
なんかの雑誌で見て気になっていたものです。

内容は村松友視さんの「アブサン」シリーズへのロングインタビュー、
東野圭吾さん、阿久悠さんのエッセイ、
霧島洋子さんを始めとした愛猫との写真など、
ニギヤカな猫だらけな本となっています。

全部読み終えての感想は、
正直まとまりのない雑誌になってしまったかなと。

猫に対する熱い思い入れのある(または、ありすぎる)作家と、
編集者に頼まれて書いたような作家。

まぁ、単に漠然と猫にまつわる話と言われても、
そりゃーいろいろですからねぇ・・・。

例えばよかったのは、写真家荒木経惟さんの、
今は亡きチロの写真でした。
シャワーを浴びている姿は、本当に人間の女の子の表情です。

和田誠さんが描いた「アブサン」の挿絵猫もかわいかった。

そして
 阿久悠さんのエッセイ「三匹の猫」。
今飼っている猫ではなくて、
愛猫との別れや過去の話を書いた作家さんも沢山いました。
その中でも阿久悠さんは優しい文体で活き活きと、
でもジメジメしてなく、昔の話を書かれてました。

表紙の猫ちゃんの飼い主小池真理子さんは、
あまりにもこのゴブちゃんが可愛いために、
人間と猫は一緒の墓に入れるかを聞いてみたようです。
(墓地法で、四足は厳禁されているとのこと)

ね、いろんな題材があるでしょう!?



読み終わって思ったのは、
今一緒にいるるみとラガーもいつかは居なくなるということ。
そして私も居なくなってしまうのです。

今の癒してくれる、この時間を大切にしないとね。

多少の毛は飛んでも、
旅行へは行かれなくても。。。^^;

最後に本の中で、
猫本ベストセレクション20というコーナーが。
まずは原点に戻って夏目漱石の「我輩は猫である」を読むか。
それとも野坂昭如の「我輩は猫が好き」を読むか。

「作家と猫」、
文章と猫が好きな方は読んでもいいかもです。



CIMG4332_convert_20100611194044.jpg 


CIMG4333_convert_20100611194230.jpg 


CIMG4334_convert_20100611194458.jpg 




CIMG4337_convert_20100611194340.jpg 
ラガー、ヤメテヨー、せっかくのヘアーが。。。






ブログランキングに参加しています。

CATEGORY :
THEME : 猫のいる生活 / GENRE : ペット
DATE : 2010/06/11 (金) 19:51:08
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.09 *Wed

アウトドア・ショップ

最近、山歩きがいろんな世代に流行っています。

ここ1~2年は山頂に、
大学生くらいの女子グループを見かけるようになりました。
東京近郊のハイキングコースを紹介した本や、
山ガールをフューチャーしたファッション雑誌も出ています。

ということを踏まえて(?)、
横浜辺りのアウトドア・ショップを紹介します。

まずは横浜駅北口から徒歩5分くらいの、
神奈川トヨタの中にある「myx(マイクス)」。


CIMG4213_convert_20100609212949.jpg 

テントやキャンプ用品のそばに、
ドデーンと黒いランドクルーザーが置いてあるのが、さすがトヨタ。

ここは1階はキャンプ用品やウェア、
B1階はフィッシング、自転車、カフェがあります。
特に自転車の品揃えは、なんか凄そうでした・・・。
(わからないなりの、意見ですみません。)

↓ 階段途中から見た、B1階。
奥がカフェです。
(詳しい公式サイトはこちら
 
CIMG4215_convert_20100609213128.jpg 



お次は、桜木町駅前の「コレット・マーレ」内にあるショップ、
「アウトドア・リゾート・サーカス」


CIMG4217_convert_20100609213247.jpg 


こちら壁側は、アウトドアメーカーのコーナーが分かれています。
それぞれの特徴を生かした品揃え、ということでしょうか。

CIMG4218_convert_20100609213408.jpg 
↑  この斧を使う人は誰なんでしょうね。


CIMG4219_convert_20100609213510.jpg 

カフェがここにも、併設されていました。


最後は、ららぽーと横浜内に新しくOPENした、
「スーパースポーツ・ゼビオ」

こちらはアウトドアをスポーツの一つとして、
ウェアや雑貨小物を置いています。

CIMG4544_convert_20100609213627.jpg   CIMG4545_convert_20100609213740.jpg


↑ これが、最近の山歩きファッションです。

もちろんハイキングクラスですが。

ファッショナブルですね。
私もつい、ウェアを買ってしまいました。

CIMG4546_convert_20100609213900.jpg 

これに、赤のザックと茶の登山靴です。
上半身が派手なので、
遭難しても見つけてもらえる!?


最近、山へ行けていません。
早く行って、おいしい空気を吸いたいです。

しかし、これから行かれる人、
ヒルにはご用心を。
神奈川丹沢は、ヒルの生息地域が拡大しているようです。
地域情報を確認してから、行かれますように。




ブログランキングに参加しています。

COMMENT : 6  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.06 *Sun

からだをメンテナンス~流れが大切

生命を維持する基本的物質「気」や「血」は、
基本的に身体中を巡っているものです。

それが滞ると体調不調となり、
中医学ではそれを「気滞症(きたいしょう)」と呼びます。

「血」の滞り症状は、「血瘀(けつお)」「瘀血(おけつ)」と呼びます。

「津液」の滞り症状は、「浮腫み(むくみ)」「痰(たん)」です。

「気」と「血」と「津液」は密接に関係しているので、
どれか一つの巡りが悪いと他にも起因します。



巡りが悪くなる理由は主に、
寒さや湿気・乾燥など環境からくるもの、
口から入る食べ物や水分から来るもの、
運動不足、
ストレス、
などがあげられます。

中医学では、流れていることを「通じる」と云います。

通じていないものには、痛みが伴います。

女性の生理痛は血がさらさらと出ていれば、痛みは起こりません。

「瘀血」状態で血が固まっているために、下腹が痛いのです。

日本人女性は、瘀血状態を普通と考えている節がありますが、
中医学では病気の一種と考えています。



今回は気の巡りをよくするものを紹介します。

それは香りがよいもの。

食べ物でいうと柑橘系やミントなどがよいでしょう。




 


IMG_5664_convert_20100606182451.jpg 


ミントティーに合わせて、
オレンジのガレットを作りました。

甘ったるいクッキーが、オレンジママレードを入れるだけでサッパリします。

ミントティーは、LUPICIAのものがお気に入りです。

自分で紅茶と合わせてブレンドするのもいいですが、
お茶の方が濃すぎたりミントがきつすぎたりすることも。

これだとサッと飲めて、頭もすっきりさっぱり。

スッキリする、というのは、滞っていた気が巡るためです。

いつものコーヒーではなく、たまにはこういったものもいいですね。



CIMG4520_convert_20100606182239.jpg 
 ↑ 時計の形をした、クレマチス。
今月10日は、時の記念日です。







ブログランキングに参加しています。

COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.03 *Thu

ラガーの見る夢は・・・

IMG_5473_convert_20100603123410.jpg お花畑!


鳥さん!CIMG4328_convert_20100603121832.jpg


CIMG4221_convert_20100603120957.jpg 
あ、ワンコさんとかわいいネコちゃん。

CIMG3898_convert_20100603120846.jpg 
こっちにも、かわいいネコちゃん ♪






ラガーっっっ!!!

え?

CIMG4240_convert_20100603121552.jpg 

ラガー!

CIMG4241_convert_20100603121647.jpg 

ラガー!!

CIMG4242_convert_20100603121742.jpg 

ラガー!!!




ラガー、ラガー。


CIMG4495_convert_20100603121935.jpg 

CIMG4496_convert_20100603122030.jpg 



CIMG4498_convert_20100603122118.jpg 夢か・・・


CIMG4499_convert_20100603122207.jpg 

CIMG4503_convert_20100603122255.jpg 

うーん・・・

CIMG4504_convert_20100603122350.jpg 

誰だよ、起こすのは。





CIMG4513_convert_20100603122711.jpg 

さっきのコ、かわいかったなぁ。




ブログランキングに参加しています。

CATEGORY :
THEME : 猫のいる生活 / GENRE : ペット
DATE : 2010/06/03 (木) 12:46:31
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2010.06.01 *Tue

「オルセー美術館展2010」へ行きました

先週の5月28日(金)に、国立新美術館の、
「オルセー美術館展2010・ポスト印象派」展に行ってきました。

CIMG4482_convert_20100601142322.jpg 


混むこと覚悟で行ったのですが、思ったより空いてました。

今あちらこちらで、印象派が活躍した時代の展示をやっているからでしょうか。

珍しいことに、スムーズに進めました。



今回、オルセー美術館の改装工事により、
100点以上の絵画がこちらにお目見えしました。

オルセー美術館が誇る収集品は、
やはり近代絵画の数々です。

近代絵画が生まれた18世紀末から19世紀初頭は、
フランス市民革命や産業革命によって、世界が変わった時代でした。

王族や貴族の肖像画・または宗教画しか描けなかった時代に反し、
庶民や何気ない風景を題材にした絵画が生まれました。

また写真や日本の浮世絵の影響から、絵画技法もいろいろと試されました。

このように、今までの金持ちだけの美術・与えられた芸術ではなく、
自分たちの感性を発表した新しいグループができました。

彼ら(モネやルノワール・ピサロ)が開催したのが「印象派展」であり、
彼らの影響を受けながらも独自の世界を描いた同世代の画家たちを、
「ポスト印象派」と云います。



ドガ 
最初はドガの絵から。
こちら普通より横に長いキャンバスで、
ここからも日本の浮世絵の影響が見てとれます。

この絵は決して大きくないし日常を描いてるのですが、
とても心に焼きつく絵です。


モネ 

やはりモネも日本の影響を受けた画家の一人です。

↑ 「ロンドン国会議事堂、霧の中に指す陽光」。

日本人は印象派が大好きだと、(多少の皮肉とともに)よく言われます。

しかしドガやモネ、あるいはゴッホに共通するのは、
彼らが浮世絵に影響を受けたこと。

色味や構成も、似せて描いたものも多いのです。

上のモネの絵も、私にはホッとする味わいが。



今回の展示は、ゴッホとゴーギャンを同じ展示室に置いてあります。

二人どちらも、死んでからも一緒の部屋なんてイヤだろうに、と思います。

まぁ、活躍が同じ時期だから仕方がないのでしょうが。

でもやっぱりゴーギャンの絵より、ゴッホの絵に人気が集まってます。

ゴーギャンの色味は、日本人向けではないような気もします。



CIMG4484_convert_20100601142428.jpg 

今回のグッズ売り場も、盛況でした。

上の写真はトートバッグで、
展示品の絵をフューチャーしたチャームをつけることができます。
チャームは選べるので、迷いますよ。


CIMG4488_convert_20100601142813.jpg 


同じ館内には、イギリスの陶芸作家ルーシー・リーの展示も。

こちらも拝見しましたが、華奢な中にも温かみがどーんとある作品たち。

イギリス陶芸家の大重鎮、バーナード・リーチから離れて、
自分の作品に自信が持てたそうです。

途中でイギリスBBCがインタビューした映像があります。

80歳代のルーシー・リーの仕事場を、見ることができました。


CIMG4485_convert_20100601142657.jpg 

2つの展示会は、あまりにも膨大な展示品の数々でした。

こちらルーシー・リー展の休憩室で、1時間ほど椅子に座ってうとうと。

同じような方々が、他にもいました。




オルセー美術館展でモネやゴッホ以外に人気を集めていたもの、
それはアンリ・ルソーの絵です。

彼の本業は税関史であり、未だに「日曜画家」という名前がついてますが、
その夢のような世界観は新しい世界を見せてくれました。

今回のチケットや図録の表紙になっています。

そして、セザンヌ。
彼の青みがかった肌色は、西洋そのもの。
別方向から描いた物体を一堂に集めたことで、
見る側の視線を釘付けにしました。

「りんごでパリを征服したい」と言ったセザンヌ。
未だにこの絵を古く感じることはありません。


CIMG4539_convert_20100601142913.jpg 

額に入れて、部屋に飾ってみました。



ブログランキングに参加しています。

COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



     Hello !

当ブログは、リンクフリーです


powered by ブログパーツの森



プロフィール

Author:lookforcozylife
名前は Oka といいます。
関東在住の国際薬膳師です。
心や体が穏やかになったり、
うきうきしたりすることに興味を持っています。
猫の名前は 「るみ」と「ラガー」です。





メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:











FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking





検索フォーム





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © cozy lifeを探しに All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。